前へ
次へ

葬儀の一般的な流れを考えましょう

葬儀の一般的な流れを考えてみます。
臨終があったく場合、まず葬儀社に連絡します。
亡くなりになられた場所を伝える必要があります。
病院で亡くなった場合は問題ありませんが、それ以外ですと事件という可能性があり警察に連絡する必要があるからです。
次に火葬と葬儀となります。
法律で死亡後24時間は火葬できませんからその間ご遺体は安置しなくてはなりません。
安置する場所の打ち合わせも葬儀社に相談すると同時に葬儀社と喪主など役割を決める打合せをします。
式は通夜と本葬となります。
納棺が終わると、通夜を行います。
おおむね準備を含め3時間位を計画するようです。
進行は葬儀社に任せれば良いでしょう。
受付、僧侶の読経、焼香をします。
焼香は宗教によって異なりますから、予め調べておくことも良いでしょう。
焼香が終わると、喪主が参列者に挨拶します。
その後、地方によっては通夜振る舞いをします。
本葬は翌日の午前中となります。
遺族集合がいつ頃集まるか、どのような準備をするかは予め葬儀社と打ち合わせておきます。
受付開始は葬儀開始の30分前に始めるのが一般的です。
本葬は、まず僧侶による読経があります。
その後、弔辞などの紹介を行います。
それが終了したら焼香を通夜と同じ順番で行います。
司会が閉式を述べ、本葬は終了し出棺となります。
そのまま火葬になります。
火葬から戻ってくると、僧侶や生前の関係者と精進落としを行います。

Page Top