前へ
次へ

ゲストがお悔やみの気持ちを述べる時の注意点

葬式には、色々とマナーがあります。
葬式に駆けつけた親族としては、お悔やみの言葉をかけたくなる事もあるでしょう。
実際、多くの方々はその言葉をかけています。
言葉をかける事自体は、特に問題ありません。
ただ気持ちを伝えるにしても、相手に対する負担も配慮する必要があります。
気持ちを述べる時は、まず簡潔に済ませるようにしましょう。
お悔やみの言葉を長々と話し続けるのは、あまり好ましくありません。
あまりに長すぎますと、かえって遺族にとって大きな負担になりかねません。
遺族としても葬式で色々と忙しいですから、手短に済ませるのが望ましいです。
また亡くなってしまった原因などは、あまり尋ねないよう心がけましょう。
原因は遺族の方から言ってくるので、自分の方から尋ねないようにするのが礼儀です。
遺族としても悲しみにくれている状況ですし、あまり思い出したくない内容もあります。
葬式で気持ちを述べる時は、あくまでも端的にする方が良いでしょう。

Page Top