前へ
次へ

葬式は1つだけでなく様々な種類がある

葬式と一言で言っても様々な種類があり、参列する人の数で違った名前が付いています。
例えば、最も一般的なのが昔から行われている一般葬儀です。
こちらは、遺族や親族だけでなく故人に関係があった人に幅広く参列してもらいます。
続いては、会社の代表者や社員が亡くなった際に会社全体で行う葬式を社葬・合同葬と呼びます。
合同葬は、遺族と共同で行う際や複数の会社とする場合に呼ばれています。
会社全体で行うため規模が大きくなり時間を有する場合がほとんどです。
そのため、密葬は家族が中心で行い後日に本葬を行うことが多いです。
3つ目は、家族など故人と親密な関係にあった人たちだけで行う家族葬があります。
家族だけでなく知人も参列をすることが出来ますが、一般葬と比べると規模が小さくなります。
大体10人から30人程度の人が参列し、故人と最後のお別れをします。
最近人気のあり、年々利用する人の数は増えてきています。
このように様々な葬式のスタイルがあるため、ニーズに合う方法を選ぶことが大切です。

Page Top