前へ
次へ

葬儀には死を受け止める役割がある

昨日まで元気だった人が亡くなるとの話はそれなりに聞くかもしれません。
病気療養中の人もいれば、普通に生活をしている若い人なのに急性の病気で亡くなるときもあります。
どちらにしても親族からすると受け入れがたいことで、医師がいくら死亡診断をしたとしても納得いかないかもしれません。
医学的な死に関してはそれなりに正当性があり、医師が死と診断した後に生き返るとの例はほとんどありません。
死を迎えると心臓や脳の機能が停止し、やがてその他の臓器も動かなくなります。
臓器などが動かなければ血液も循環しなくなり細胞も劣化するのみで腐敗を始めます。
医師の診断した死を受け止めるべく行う儀式として葬儀があります。
葬儀をしたからと言って納得はできないでしょうが、通常は死後1日経過した後一定期間後に行います。
あわただしい中で行うことが多いですが、儀式を行うことで少しずつ故人の死を認識できるようになるでしょう。
遺族としてできることをしなければいけません。

Page Top